アリババ、上海ファッションウィークと合同でショーをライブ配信

3月24日から3月30日まで。デジタルの力でデザイナー、バイヤーを支援

アリババグループ傘下のB to Cマーケットプレイス「天猫(Tmall)」は3月5日、上海ファッションウィークと合同でライブ配信を通じて「オンラインファッションウィーク(雲上時装周)」を実施すると発表しました。3月24日から3月30日まで、アリババのライブコマース(ライブ動画配信によるネット通販)プラットフォーム「タオバオライブ」を活用してファッションショーのライブストリーミング配信を行います。中国の消費者にとって「See Now, Buy Now(ショーで気になる商品があればすぐその場で購入)」ができるファッションショーです。

 

 

新型コロナウイルス拡大の影響で、中国国内外の有名ファッションウィークが次々とオフラインのショー計画をキャンセルしました。上海ファッションウィークは毎年、中国国内アパレル業界における重要な新商品及びトレンドの発表の場であり、独立デザイナーたちが自身のクリエイティブを見せる重要なステージでもあります。独立デザイナーから商品を仕入れるバイヤーショップも次々と閉店し、デザイナーたちに翌シーズンのオーダーがなかなか入らない現状の中で、やむを得ずショーをキャンセルしたことは業界全体に大きな打撃を与えました。

このような厳しい現状を受け、特に中小ブランドを支援するために、上海ファッションウィークと天猫は合同で「オンラインファッションウィーク」プロジェクトをスタートし、危機に対応すると合意しました。本プロジェクトでは、上海ファッションウィークのスケジュールの確認、AR(拡張現実)などの最新技術を活用したファッショングッズの試着・購入といったサービスを消費者に提供します。

「オンラインファッションショー」には、100以上ブランドが登場し、タオバオライブを通じて1,000件以上の秋冬新品が展示されます。また、100名以上のスターデザイナーがライブ配信で今年のファッショントレンドを紹介します。また、天猫のネット通販のプラットフォームを活用して、展示から販売までの円滑な進行を実現するソリューションの立ち上げ、バイヤーなどの新規オンライン店舗開設の特別サポートなどの施策を実施し、デザイナーにオフラインのランウェイ以外でも自身の商品をアピールできる場を提供します。

出店ブランドが消費者に「See now, Buy now」サービスを提供するため、100のブランドが天猫旗艦店にて期間限定の「オンラインポップアップショップ」を開設し、この春一足早く、ファッションウィークの秋冬新商品を消費者にオンライン販売します。

2020年はライブ配信元年とも言える、オンライン販売の大きな発展が期待される年です。多くのブランドがすでにライブ配信を通して消費者と直接繋がっています。先日アディダスはタオバオライブで史上初の「オンライン発表会」を開催して新商品50周年のアニバーサリーモデルを展示し、223万人のユーザーが視聴しました。小米(シャオミ)のCEOである雷軍がライブ配信で小米の新商品を発表したところ、2分以内に完売しました。また、3月8日の国際女性デーにちなんだ「女王節」キャンペーンの期間中、2万以上のブランドの売上高が昨年同期と比べ2倍に増加し、タオバオライブでの1日の最高取引数は昨年同期比650%となりました。

今回の「オンラインファッションショー」も、Eコマースと5Gが普及しつつあるこの時代に即したプロジェクトです。新規コロナウイルスの危機への対応として始まったプロジェクトではありますが、大規模な人の集中を回避しながら、会場代、イベントスタッフの人件費などの費用も節約できます。そして、タオバオライブを通したからこそ実現できる、消費者との距離を縮める、若年層消費者をターゲットにしたイノベーションでもあります。

オンラインファッションウィーク(雲上時装周)の詳細は、下記ウェブサイトよりご覧いただけます。http://www.shanghaifashionweek.com/page/shfw

開幕式はタオバオライブで下記リンク先よりご覧ください。
配信日時:3月24日 19時〜22時30分(日本時間)
https://pages.tmall.com/wow/mt/act/live-pre?wh_weex=true&feedId=256568369633

 

関連トピックス