日本職人が中国で「新ベーコン開発」に挑戦する物語


7年前、日本の加工肉職人の一人である村田誠さんは、中国へ赴きソーセージとベーコンを作り始めました。
村田誠さん(72歳)は食肉業界の専門家として「消費者により健康的な食品を食べてほしい」と願っていましたが、中国の当時の環境で、亜硝酸ナトリウムを含まないベーコンを生産するのは非常に難しかったのです。2019年、アリババ傘下のニューリテールを代表する生鮮スーパーの盒馬(フーマー)が率先して亜硝酸ナトリウムを含まないベーコンの製造を提案して、村田さんはこの非常に困難ななプロジェクトに挑み始めました。
村田さんの詳しいストーリーは、ぜひアリババニュースで動画をご覧ください!

アリババ ニューリテール フーマー 健康食品 新小売 日本職人