アリババグループ、2021年の天猫ダブルイレブンでGMV(流通総額)9兆円超を達成、堅調な成長を維持

アリババグループは2021年11月12日、今年で13回目となる天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバル(以下「天猫ダブルイレブン」)が終了し、GMV(流通総額)が5,403億元(約9兆6,173億円)に達したことを発表しました。

アリババグループ バイス・プレジデントの楊光は次のように述べています。「今年の天猫ダブルイレブンでは、ダイナミックな中国の消費経済を反映して、安定した質の高い成長を実現しました。また、天猫ダブルイレブンの持つプラットフォームとしての力を、社会的責任を果たすために活用しました。今年のフェスティバルは、持続可能な未来の構築に向けた当社の取り組みの一環として、意義深い節目となりました。」

今年の天猫ダブルイレブンには過去最大となる29万ブランドが参加し、その内65%が中小企業、工業地帯にある製品メーカー、新ブランドでした。新興地域にある農業地帯は、農業製品のGMV(流通総額)が前年比20%増となるなど、好調な販売を記録しました。

今年の天猫ダブルイレブンの開始に先立ち、アリババグループは全システムおよびオペレーションをパブリッククラウドに完全に移行しました。アリババのEコマース・ビジネスを支える重要な役割を担っている河北省張北県にあるアリババクラウドのデータセンターでは、再生可能エネルギーの利用により、26,000トン以上の二酸化炭素排出量が削減されました。

 

2021年天猫ダブルイレブンのハイライト:

78のブランドの売上高が去年の1000万元レベルから1億元を突破し、698のブランドの売上高が100万元レベルから1000万元レベルに増加しました。

・商品を購入した消費者の内、45%以上が1990年以降および2000年以降生まれでした。2000年以降生まれの消費者は前年比で25%増となりました。

2,000以上のマーチャントがエコ製品を展示するTモール(アリババのBtoC ECプラットフォーム)内の特設売り場「グリーン会場」に参加し、約50万点の環境負荷が少ないエコ製品を提供しました。

・1,600以上のブランドがTモールにおける新規会員獲得キャンペーンに参加し、のべ9,700万人以上の新規会員獲得に繋がりました。

2万9,000以上の海外(中国国外)ブランドが参加し、海外から中国消費者へ商品を販売するためのアリババの越境ECプラットフォーム「Tモール・グローバル」で130万以上の新商品が発売されました。海外ブランドの内、2,800以上のブランドは初参加となります。

・11月1日から10日までの間では、90の新興ブランドがそれぞれの所属細分化カテゴリにおいて、3年連続で売上高トップブランドになりました。275の新興ブランドの売上高が3年連続で前年比で倍増しました。

・11月1日から10日までの間では、中国の大学や都市コミュニティでラストワンマイルの配送を担う約350台の自律型配送ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ)」が100万個以上の荷物を届けました。これは2020年9月から2021年9月までの過去1年間に小蛮驢が届けた荷物数を上回っています。

 

2021年天猫ダブルイレブンの概要

名称(日本語):2021天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバル
名称(英語) :2021 11.11 Global Shopping Festival
名称(中国語):2021天猫双11全球狂歓季

予約販売期間 :2021年10月20日20時〜10月31日、11月4日20時〜11月10日
販売期間 :第1期 2021年 11月1日〜11月3日、第2期 2021年 11月11日
GMV集計期間 :2021年11月1日〜11月11日の11日間

※注:天猫ダブルイレブンのGMV(流通総額)は、販売期間開始日である2021年11月1日から天猫ダブルイレブン終了日である11月11日までの間に、アリババの中国小売市場、Kaola、Lazada、AliExpress、ニューリテールおよびローカルサービスで、アリペイ(Alipay)を通じて決済された注文の総額です。これはリアルタイムで集計され、支払われた配送料(該当する場合)を含みます。本プレスリリースで開示されている金額は人民元建てです。前年同期比および成長率は人民元建ての金額をもとに計算されており、為替レートの変動による影響は受けません。このプレスリリースに記載されているGMVおよびその他の数値はすべて未監査であり、調整される可能性があります。※為替換算レート:日本円は1中国人民元=17.8円のレートで換算しています(11月時点)、日本円数値はあくまでも参考です。

天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルとは
加盟店と消費者がオンラインショッピングの価値について認識を深めるためのイベントとして、2009年にわずか27社のマーチャントの参加で始まりました。今年は29万以上のブランドが参加しています。最新情報は特設ページ(https://jp.alibabanews.com/sp_2021_tmall_double11/)をご覧ください。

2021年天猫ダブルイレブンの実況・実績レポート:

ハイライト【11月12日 10時更新】

・2021年10月末時点において、過去1年間に越境ECの天猫国際(Tモールグローバル)に新たに参入した輸入ブランド数は、前年比で120%以上増加しました。

・2021年9月、越境EC「天猫国際(Tモールグローバル)」が運営する海外直送(Tモール海外フルフィルメント)は、日本倉庫が備蓄された商品数は、前年同期比で10倍以上増加しました。
    その中の人気商品に関して、今年は越境ECで日本ウイスキーを購入する中国の消費者が増えています。消費者のニーズに応えるため、Tモールグローバルは、海外直送(Tモール海外フルフィルメント)を通して、160種類以上の日本ウィスキーの新商品を導入しました。中国の消費者は、Tモールグローバルで、響21年、響17年、山崎18年、白州18年、倉吉18年などの年代物のウイスキーを購入できます。また、個性的な味わいを求める消費者も、キリンウイスキー 富士山麓 Signature Blend、宮城峡、戸河内ウイスキー8年、長濱などのニッチな商品を購入することができます。サントリーウイスキーオールド寅年ラベルなどの限定品も早くから店頭に並びました。

 また、日本から直送される中古ブランド品も中国の消費者に人気です。天猫ダブルイレブン期間中300万人以上の消費者が海外中古品ストアにアクセスし、中古品ストアのが618商戦に比して倍増しました。 日本の中古ブランドショップ「大黒屋」は、今年の天猫ダブルイレブン前にTモールグローバルに参入し、天猫ダブルイレブンのためだけにセレクトした500点以上の特別なクラシックアイテムや限定アイテムを揃えました。またRECLOは、今年の天猫ダブルイレブンに12,000点以上の中古バッグを出品しています。

・11月1日の第1弾販売の開始から半日間で、53のブランドの売上が昨年の20日間の売上を上回りました。その53ブランドに日本のブランドの資生堂、クレ・ド・ポー ボーテ 、シュウ ウエムラなどが含まれています。そのほか、海外ブランドでは、ヘレナ(Helena)、ナーズ(NARS)、ゲラン(Guerlain)、フレッシュ(Fresh)、イヴロム(EveLom)など、中国のブランドでは、野獣派(BEAST)、相宜本草(inoherb)などが含まれます。

中国銀髪経済:10月20日の天猫ダブルイレブンの予約販売開始から11月8日までの間に、タオバオとTモールにおけるシニア層による健康管理・計測機器の消費額は、前年比で倍増しました。特に、額式体温計、スマート血糖値計、スマート血圧計が、シニア層に最もよく購入された人気の家庭用機器です。

 


11月1日開始の第一弾の販売に関する情報【11月10日更新】

【Eコマース】

・越境ECを通じて日本と韓国のブランドを中国の消費者に届ける:
コロナ禍による渡航制限のため、中国の消費者は海外に行くことができませんが、海外製品の購入には意欲的です。インバウンド向け小売店のチャネルがオンラインショッピングにシフトし、越境ECが台頭してきました。中国の消費者は、アリババの越境ECプラットフォーム「Tモール・グローバル」でお気に入りの輸入品を購入しています。中でも、日本ブランドの美容・化粧品、ヘルスケア、食品、育児・ベビー用品などの商品、韓国ブランドの育児用品、クリーン・ビューティー、ドラッグストア関連製品などが人気です。日本のブランドは、今年のTモールダブルイレブンに向けて積極的に在庫確保に動いています。アリババ傘下の物流プラットフォーム「菜鳥(ツァイニャオ)」が展開する中国保税倉庫の日本ブランド全体の在庫数は、今年9月から10月まで期間に、前年同期比で286%増加しました。日本の主要都市から菜鳥の中国保税倉庫に商品の在庫を移すために、菜鳥は合計198便と68隻の船舶を投入しました。これは、中国の消費者の輸入製品に対する需要を示すものであり、グローバル・ブランドの中国市場への参入を支援するTモール・グローバルの優位性を反映しています。(※為替換算レート:日本円は1中国人民元=17.8円のレートで換算しています(11月時点)、日本円数値はあくまでも参考です。)

・11月1日-3日の期間に、Tモールにおける独立系デザイナーブランドの売上が前年同期比で184%増加しました。

・11月1日-3日の期間に、釣り関連商品の取引額が前年同期比で23.2%増加、サーフィン/水上スキー/ウィンドサーフィン関連商品の取引額が前年同期比で99.4%増加、キャンプ関連商品(水泳、ゴルフカテゴリを除く)の取引額が前年同期比で98.6%増加しました。

・11月1日の15時間で、Tモールの「潮玩(ポップカルチャー)」カテゴリ全体の売上が昨年11月1日の終日の売上に達しました。例えば、日本の人気IP「ポケモン」が越境ECのTモールグローバル海外旗艦店でダブルイレブンの限定ギフトボックスを発売するなど、タオバオ及びTモールにおいて、エンタメ性と新規性に富んだブランドタイアップが行われています。

・11月1日午前0時から正午までの間に、Tモールにおいて、53のコスメブランドの売上が昨年のダブルイレブン期間全体(20日間)の売上に達しました。

・天猫奢品(Tモール・ラグジュアリー・パビリオン):200以上のラグジュアリーブランドが天猫ダブルイレブンに参加し、10万点以上の新商品を提供しています。11月1日-3日の間に、中国の約400都市の消費者が天猫奢品(Tモール・ラグジュアリー・パビリオン)で注文を行いました。注文を行った消費者の数が、前年同期比で40%以上増加しました。

・国内旅行の計画が急増:11月1日-3日の間に、海南省のビーチへの旅行予約が前年同期比で390%増加しました。また、ウィンターシーズンの旅行先として人気の長白山では、購入額が前年同期比で230 %増加しました。また、天然温泉リゾート関連の購入額 は160%の伸びを示しました。

ライブコマース:

・11月1日-3日の期間におけるタオバオライブでの取引額は、前年同期比で88.8%増加しました。

・今年の天猫ダブルイレブンの期間中に、700人以上の影響力のあるKOLやブランドの代表者がタオバオライブで配信をしています。

・タオバオライブで紹介された商品数は、2021年9月から10月にかけて、10万点増加しました。

・11月1日-3日の間に、タオバオライブを通じて発生した売上は、前年同期比で88.8%増となりました。

【物流】

・ピーク時におけるマーチャントの物流需要に対応し、商品の到着が天猫ダブルイレブンに間に合うように、菜鳥は中国国内の保税倉庫、B2B倉庫、世界各地のグローバル・フルフィルメント・センターに、87ヶ国・地域からの3億点以上の商品をストックしています。

・菜鳥は、300便のチャーター便と追加の貨物スペースを確保し、アリエクスプレスを通じて中国の商品を注文した世界中の消費者に商品を輸送しています。

11月1日-3日の販売期間に、中国の300以上の都市の300万人以上の消費者が、オンライン及びオフラインで包装材のリサイクルキャンペーンに参加しました。

・今年の天猫ダブルイレブンの期間中、物流ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ)」が一日当たり100万件の荷物を配達する予定です。

【新興地域の消費トレンド】

・11月1日-3日の期間に、中国3-4級都市および農村地域の消費者の購買金額は前年同期比で24.88%増加しました。

・11月1日-3日の期間に、農村地域において、掃除ロボットの取引額が前年同期比で122.46%増加、食洗機の取引額が前年同期比で47.11%増加、コーヒーマシンの取引額が前年同期比で38.14%増加しました。

・11月1日-3日の期間に、中国832の脱貧困地域(中国語:脱貧県)におけるEC売上額が前年同期比で28.8%増加し、農産物の売上額が前年同期比で17.3%増加しました。

【サステナビリティ】

・11月1日-3日の期間に、48のブランドのエコ商品の取引額が1,000万元に到達しました。

・エコ商品の特別会場を開設:今年のTモールダブルイレブンでは、消費者に高品質かつバラエティに富んだエコ商品を提供するために、初めて「グリーン会場」が開設されました。「グリーン会場」に出品される商品は、主に食品、インテリア、家電製品、マザー&ベビーという4つの主要カテゴリを対象としており、業界毎の認証基準を満たしたもののみが出品商品として認定されます。

【インクルージョン(包摂性)】

・11月1日-11月3日の期間に、シニアによる注文は朝7時が多く、また人気の電化製品のトップ3は、「携帯電話」「ブルートゥースイヤホン」「浄水器」でした。

・バリアフリーグッズ会場を開設:今年のTモールダブルイレブンでは、聴覚・視覚障害者、身体障害者などのニーズに応えるため、バリアフリーグッズ会場を開設しました。パラリンピックの金メダリストである薛娟選手、張淼選手、王蒙選手、王浩選手の4名も、本プロジェクトのスペシャルゲストとして参加しました。彼らは、自身のショッピングカートに入っている商品についてシェアすることにより、障害者特有のニーズがどのようなものなのか伝えました。

・障がい者の方の靴の購入をサポート:Tモールは今年10月、「One Shoe Project」を立ち上げました。本プロジェクトでは、障害のある方がより靴を購入しやすくなるよう、靴を1足単位ではなく、左右いずれか片方ずつ購入することができます。中国障害者連合会によると、中国には約8,500万人の障害を持つ方がいらっしゃいます。本プロジェクトは、障害をお持ちの方に、より優れたショッピング体験を提供することを目的としています。


11月1日開始の第一弾の販売に関する情報【11月5日更新】

・11月1日の午前0時から午前1時の間の売上において、2,600以上のブランドが昨年11月1日の終日の売上を上回りました。
・11月1日午前0時から午前1時の間に、25,000個以上の節水型トイレが購入されました。 節水型トイレの使用により、1回当たりの洗浄水量を8リットル節約できるとすると、25,000個以上の節水型トイレの利用により、1回の洗浄ごとに合計約45トンの水を節約できることとなります。
・11月1日の午前0時から午前9時までの間に、12万台以上のグリーン家電が購入されました。今年の天猫ダブルイレブンでは、Tモールとアリペイの植林ミニプログラム「アントフォレスト」がコラボしてエコな買い物を促進しています。具体的に、Tモールで購入したグリーン家電1台につき、「アントフォレスト」で使用できる最大18,400グラムのグリーンエネルギーを獲得できます。
・11月1日午前10時時点で、各博物館による文化・アート関連商品の売上高が前年同期比で400%以上の伸びを示しました。
・11月1日午後2時の時点で、中国の366都市に天猫ダブルイレブン関連の荷物が届いており、283都市では菜鳥直送により玄関先まで配達されています。
・10月27日午前0時までに、エスティ ローダー、ランコム、ヘレナ、ヤーマン、ロレアル、資生堂、シャオミ、ドゥ・ラ・メール、ウィノナなど、少なくとも9つのタオバオライブ配信チャンネルが1,000万元以上の売上を達成しました。

関連トピックス