創業134年目の鈴木バイオリンが再興のために中国市場で始めた新たな挑戦


鈴木バイオリン製造株式会社は、
日本で初めて国産バイオリンを製造した鈴木政吉が明治20年に創業し、今年で134年目を迎える老舗楽器メーカーです。
教育楽器として知られる鈴木バイオリンは少子高齢化により売上が減少し、再興のため「第二の創業」を掲げ、新たなる挑戦を始めました。「中国は、人口がかなり多い国で マーケットとしても大きいです。音楽業界でみても最近 有名なピアニストやバイオリニストが中国から出ており、音楽の教育の リテラシー 文化レベルが高まっています。その中で鈴木の品質がどうマッチするのか 挑戦してみたいと思いました」と、小野田祐真取締役がTモールグローバルを通じて中国越境ECに進出した背景についてこのように話しています。職人のバイオリンづくりへの思い、中国市場に進出して新たに気づいたことなど、ぜひ、鈴木バイオリンの取材動画をご覧ください。

関連トピックス