ラストワンマイルの課題解決に最新鋭の自律型配送ロボット、発表後わずか1年で100万件以上の注文を配達

アリババグループは、”ロボット配送員”を導入することで、世界最大規模の消費市場である中国で急増するオンラインショッピングの需要を、スピーディで信頼性が高く、比較的低いコストで満たすことができると言及しています。この目標の実現に向けて大きく踏み出すため、アリババは2020年9月、中国国内の学校の構内や都市部のコミュニティに配送ロボットを投入しました。中国語で小さなロバを意味する「小蛮驢(シャオマンリュ)」と名付けられたロボットは、自社で開発した自動運転レベル4(※)のラストワンマイル自律走行配送ロボットです。1度に約50個の荷物を運び、1回の充電で最大およそ100キロ走行し、1日最大500個を配達することができます。
※自動運転レベル4について:5段階の自動運転レベルのうち、走行ルートなど特定の条件下で、ドライバー無しの自動運転を実現する水準。


2021年9月27日には、小蛮驢(シャオマンリュ)がローンチ後わずか一年の間に、20万人以上の消費者へ合計100万件以上の注文を配達したことを発表しました。
現在、中国本土の52都市にある160以上の都市部コミュニティや大学の構内で配送サービスを提供しています。3年後には投入台数を1万以上に引き上げ、1日100万個の荷物を配達できるようにする予定です。

配送ロボットは配送業者の引き渡し場所で荷物をピックアップし、歩道や自転車専用通路を通って、お客様のビルへと向かいます。確かに、ロボットはまだ階段を上ったりはできませんが、テクノロジーは着実に進歩しています。

 

動画は、2020年9月初公開されたラストマイル配送用の自律型配送ロボット「 小蛮驢 (シャオマンリュ)」です。早速、2020年11月の「天猫ダブルイレブン」で即戦力を発揮しています。杭州にある浙江大学のキャンパスで22台のロボットが学生寮にダブルイレブン期間中に注文された荷物を配達する映像が公開されました。映像を通じて、その様子をご覧ください。


関連記事

アリババクラウド初となるクラウド・コンピュータと配送ロボットを発表、Apsara Conference 2020にて

関連トピックス