中国越境ECブーム、そのビジネスチャンスを掴むためには

コロナ禍の影響で、中国の消費者の生活様式のオンライン化が加速し、日本を含めたグローバルのブランドがオンラインで中国の消費者にアプローチする機会が増えました。一方で、国を跨いだ旅行が制限されている中、中国人観光客の数とインバウンド消費が激減しました。そのような状況の中で、グローバルブランドは如何にステイホームの中国人消費者に商品を届けるか、様々な工夫を講じています。

 

 

アリババグループ傘下の「Tモールグローバル(Tmall Global)」は中国最大の越境ECプラットフォームです。2015年以来、中国本土に法人のない海外ブランドの中国進出をサポートしてきました。Tモールグローバルでは、ブランドの商品出荷から、通関、保税倉庫への入庫までをワンストップでサポートしています。Tモールグローバルに登録したブランドやマーチャントの数は、2020年12月30日の時点で前年比60%以上の伸びを示しています。

中国最大のショッピングフェスティバルである「天猫ダブルイレブン」を控え、中国のミレニアル世代とジェネレーションZの消費者が、マーケットプレイスでどのように海外製品を購入しているかについて、こちらの動画で紹介します。

関連トピックス