【2021天猫618ショッピング・フェスティバル】ニッチブランドが最新の消費トレンドを生み出す

ニッチな需要に応える新ブランドが伸長

ここ数年で中国の消費者市場はニーズの多様化と細分化がますます進みました。既成の枠組みにとらわれずに、変化の激しい消費者のニッチなニーズに応えていこうとする企業に新たなチャンスが生まれています。今年の天猫618では、755の新ブランド(※)が正式販売初日(6月1日)に、1日の売上100万元(約1,700万円)以上を達成し、新ブランドに対する消費者ニーズおよびニッチ市場の成長性が示されました。
※新ブランド:天猫(Tモール)の利用歴が3年未満の、加入したばかりのブランド

新ブランドは目覚ましい成果をあげています。例えば、中国の低アルコール飲料販売最大手の1つであるMiss Berryというブランドはフルーツワインが若い消費者に非常に好まれたこともあり、第一回の正式販売期間中(6月1日~3日)に低アルコール飲料というサブカテゴリーの売上ランキングでトップ10入りを果たしました。ワイヤレスでワンサイズの快適下着で知られるランジェリーブランドのUbrasは、正式販売初日(6月1日)に流通総額(GMV)1億元(約17億円)を突破するという成功を収めています。

28のオリジナルデザイナーズブランドは、ライフスタイルや個性に合ったユニークな商品で若い消費者の人気に火が付き、正式販売初日(6月1日)だけで100万元(約1,700万円)を超える売上を記録しました。その内、新進気鋭のハンドバッグブランドApede Modは、これまでの1日間の売上記録である300万元を更新しました。

医療サービスやヘルスケア製品が今年も売上を伸ばす

昨年に引き続き今年の天猫618も、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により加速したヘルスケア消費が大幅な伸びを示しました。健康チェックサービスや、携帯用や家庭用の医療機器を専門に扱うブランドは軒並み、堅調に売上を伸ばしました。さらに中国消費者がオンラインでヘルスケアニーズに応えるサービスを利用するようになってきたことで、天猫(Tモール)の医薬品プラットフォームでは天猫618の期間中、3,000人の登録薬剤師による無料相談サービスや専門家による服薬指導などが行われています。

ウェルネスやパーソナルケア製品の需要も急速に高まっています。このカテゴリーで最も注目度が高かったのが育毛・発毛関連の製品で、正式販売初日(6月1日)の育毛剤製品の流通総額(GMV)ベースで前年から500%の伸びとなりました。こうした需要に着目した日本のファーマフーズは6月、天猫国際(Tモール・グローバル)で同社の売れ筋商品である薬用育毛剤ニューモの販売を開始しました。

ECが海外製品に対する購買ニーズの受け皿に

依然として海外旅行が制限されている中、海外(中国国外)からの輸入ブランドを扱う天猫国際(Tモール・グローバル)は中国の消費者の購買ニーズに応えるための重要なプラットフォームとなっています。今年の天猫618には2万9,000以上の海外ブランドが参加し、そのうち2,000近くが初参加となり、新たに計40万点の海外輸入製品を提供しています。正式販売開始からわずか12時間(6月1日0時~6月1日12時)で、輸入ワインとペット用ヘルスケア製品の販売数は早くも前年から2,000%増を記録しました。また、海外製の家庭用アロマテラピー商品も前年比で135%増となっています。

天猫618の期間中の海外ブランドに対する高い需要に応えるため、天猫国際(Tモール・グローバル)はアリババグループ傘下の物流プラットフォームである菜鳥網絡(ツァイニャオ・ネットワーク、以下「菜鳥」)と共同で、出荷から通関、保管、国内輸送までの全てをエンドツーエンドでカバーするソリューションを海外の販売業者向けに立ち上げました。天猫618に向け、海外ブランドは、菜鳥が中国全土に持つ保税倉庫で化粧品、ヘルスケア製品、マタニティ&ベビー用品等の在庫を増やしました。

 

天猫618 その他のハイライト
前年比2倍以上のブランドが参加し、合計1,300万点の商品を提供

今年の天猫618には、昨年の2倍以上となる約25万ブランドが参加します。これらのブランドがセールに提供する商品は合計1,300万点に上り、そのうち140万点が今回の天猫618を機に初めて投入される商品です。

ライブコマース「タオバオライブ」を通じた販売が好調

6月1日0時に正式販売を開始して1時間足らずで、1,700以上のブランドは早くも昨年の正式販売初日(2020年6月1日)総売上を上回りました。また、アリババのライブコマース・プラットフォーム「タオバオライブ」を活用して参加ブランドが実施した販売の流通総額(GMV)は、スタートから1時間(6月1日0時~6月1日1時)で前年比100%に達しました。ライブ配信を活用して限定版商品や特別なギフトパッケージ、クーポン券を提供するブランドもあり、これが奏功して、いずれも天猫618開始直後から非常に好調に売上を伸ばしました。

Xiaomi(シャオミ)、Estée Lauder(エスティ ローダー)、Gree(格力)、Huawei(ファーウェイ)、Lancôme(ランコム)、L’Oréal(ロレアル)など中国国内外の多数のブランドは、自社でライブ配信を実施することで、正式販売開始から12時間(6月1日0時~6月1日12時)で売上1,000万元(約1.7億円)を突破しました。この節目となる売上高1,000万元に到達したブランドの数は昨年から2倍以上に増え、そのカテゴリーも3C製品(コンピュータ、スマートフォンなどの通信機器、家電の3つの電化製品の総称)、美容、スキンケアから室内装飾にいたるまで多岐に渡っています。

アリババグループの会員制度「88VIP」の特典を強化し、消費を促進

今年の天猫618では、アリババの消費者向け会員制度「88VIP」の会員特典として、天猫618特別価格にさらに5%の割引が提供され、最大520元(約9,000円)分の商品券が提供されるなど、一層強化されました。88VIP会員は2018年からスタートしており、アリババのさまざまなプラットフォームを通じて会員が数多くの商品やサービスを受けることができます。

物流プラットフォーム「菜鳥」を通じてスピーディな配送を実現

アリババグループ傘下の物流プラットフォーム「菜鳥(ツァイニャオ)」が持つ物流ネットワークは、天猫618を縁の下で支える重要な役割を担っています。正式販売開始(6月1日0時)わずか8時間後に、中国国内100万人以上の消費者に、予約販売期間中(5月24日から5月31日まで)に注文した商品が届きました。菜鳥およびその物流パートナーによると、中国国内の100の市町村で、平均6時間以内に第一陣の商品を消費者に届けました。
※日本円は、1元=17円の換算レートで記載しています(2021年6月時点)

 

関連記事(2020天猫618)

「天猫618ショッピングフェスティバル」正式販売開始、参加ブランド数が前年比2倍に

天猫618ショッピングフェスティバル、150以上のブランドが売上1億元を突破

芸能人300人、企業トップ600人が生配信。「天猫618」大型キャンペーンの目玉の一つはライブコマースに

動画:What is Alibaba’s 6.18? 

関連トピックス