日中の医療従事者が新型コロナ感染症の臨床経験を共有するオンライン交流会を実施

– アリババの国際医療交流プラットフォーム「GMCC」が呼び掛け –

ジャックマー公益基金会とアリババ公益基金会が発案し、アリヘルス(阿里健康)の協力の元で設立されたGMCC(Global MediXchange for Fighting COVID-19)は5月29日、一般社団法人 Medical Excellence JAPAN(MEJ)、一般社団法人日本医療国際化機構と共同で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する臨床経験を共有する日中医療従事者向けオンライン交流会を開催しました。

日本と中国から数十名の医療関係者が本交流会に参加し、COVID-19重症患者の臨床的治療法などのテーマについて知見共有を行いました。本交流会のオンライン配信は計2,000名以上に視聴されました。

日中医療従事者及び専門家がGMCCで交流する様子

交流会の冒頭では、アリヘルスのバイスプレジデントを務める馬立(マー・リー)が次のように述べました。「新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中で、日中両国が力を入れているのは感染拡大防止策、医療物資の寄付、そして臨床経験の共有です。今回の交流会では、日中両国の医療従事者同士のコミュニケーションを通じて、新型コロナウイルス感染症への理解が深まると考えており、両国の医療専門家による刺激的な議論を期待しています。」

続いて、日中両国の感染拡大防止のために多大なる支援を行なった二階俊博 自由民主党幹事長より、日中両国の第一線の医療従事者への感謝の言葉をいただきました。また、ジャック・マーからの日本への医療物資の寄付や、日本に対する友情へ感動を示し、「最も大切なことは、困難のときにお互いに助け合う精神です。『まさかの時の友こそ真の友』ということわざがあります。日中両国は『ただの友人』ではなく、お互い困ったときに助け合える『良い友人』となれると思っています。今後も、友国同士である日中の医療関係者の交流が盛んに行われることを期待しています。」とご挨拶いただきました。

オンライン交流会の冒頭で日中両国の新型コロナ感染拡大防止に多大な貢献をされた自由民主党幹事長 二階俊博様にご挨拶いただいた

そして、アリババグループ及びジャック・マー公益基金会の創業者であるジャック・マー(馬雲)が日本から中国への医療物資寄付などの支援に対して改めて感謝の気持ちを伝え、「新型コロナウイルスとの闘いにおいて必要なことは、情報の共有です。地域や人によって対策方法は異なりますが、違いを尊敬し合う心を持ち、お互いに情報を共有することで、より良い未来を創造できると信じています。現場の医療従事者の方にはぜひ積極的に交流していただきたいです。」と強調しました。

アリババグループとジャックマー公益基金会の創業者である馬雲が改めて日本と日本国民からの支援に感謝の気持ちを伝えた

専門家による知見共有では、ICU(集中治療室)やER(救急救命室)におけるCOVID-19対策や、ECMOnetのデータに基づいた重症患者のECMO(体外式膜型人工肺)管理の状況について、筑波大学医学医療系 救急・集中治療医学教授の井上貴昭先生からご共有いただきました。

続いて、COVID-19重症患者の治療におけるECMO使用症例について、順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院救急診療科の熊川靖章先生からご紹介いただきました。

また、中国側から浙江大学医学院附属第一病院の理事長である梁廷波教授からは、COVID-19の院内感染を防ぐ取り組み、重症患者の治療状況、地域医療施設への教育支援についてご共有いただきました。

 

 

 

GMCCは、世界各地の医療機関及び医療従事者が新型コロナウイルス感染症に関する臨床経験を共有するためのプラットフォームです。これまで、100以上の医療機関からの「医療従事者向けオンライン交流会」の実施要望を受付しました。5月29日時点、計18回のオンライン交流会が開催されました。オンライン交流会の実施に加え、第一線で闘ってきた専門家による臨床経験をまとめた「新型コロナ感染症対策ハンドブック」が日本語を始め20カ国語以上に翻訳されGMCC公式サイトにて共有されています。このオンラインでの新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みに、GMCCプラットフォームを通じて、120の国と地域から1万人近くの医療従事者と専門家が参加しています。


各回オンライン交流会のアーカイブ映像はGMCC公式サイトにアップロードされています。

https://gmcc.alibabadoctor.com/


ジャックマーによる冒頭のご挨拶内容の中国語全文はこちら:中日医生新冠肺炎学术交流会(马云发言内容)


アリヘルス(阿里健康)について

アリヘルスは、アリババグループの「DoubleH」戦略(Health and Happiness)をリードするヘルスケア・プラットフォームです。アリババグループのEC、フィンテック、物流、データテクノロジー、クラウドコンピューティングの各分野におけるアリババエコシステムの優位性を背景に、医薬品のオンライン取引やニューリテール、消費者向けヘルスケア、インターネットヘルスケア、インテリジェントヘルスケアの4つの主要事業に焦点を当てています。

アリヘルスのミッションは、健康をより身近に維持できるようにすることです。そのビジョンとして、データテクノロジーを活用して医療を促進し、インターネットを活用してヘルスケア業界を再構築し、10億人の人々に公正で手頃な価格でアクセス可能な医療とヘルスケアサービスを提供することを掲げています。

 

ジャック・マー公益基金会について

アリババグループ創業者のジャック・マーが個人で発案、出資し、2014年12月に設立された慈善団体です。ジャック・マーの教師経験と教育への熱意から、教育発展を重視して活動しています。特に中国の教育にとって重要な農村地域の教育に専念しています。

関連トピックス