【インタビュー】アリババのサステナビリティ運営委員会議長・陳龍に聞く、同社の炭素排出削減戦略について

 

アリババグループは、2021年度投資家大会において、カーボンニュートラルに関する目標と炭素排出削減に向けた戦略を発表しました。温室効果ガス(GHG)プロトコルに基づき、自社ビジネスの運営、上流と下流を含むサプライチェーン、クラウドコンピューティングなどに関する一連の目標を設定しました。アリババグループは2030年までに自社オペレーションのカーボンニュートラルを達成し、さらに、新たに提唱する「スコープ3+」に基づく目標としてグループのビジネスエコシステム全体で2035年までに1.5ギガトンの炭素排出削減を目指します。同時に「アリババ・カーボンニュートラル・アクション・レポート(Alibaba Carbon Neutrality Action Report」)を公開し、上記の目標実現に向けた取り組みや、グリーンなビジネスエコシステムとライフスタイルの構築をサポートする事による社会全体の炭素排出削減への貢献について詳しく解説しました。

こちらの取材動画では、同社サステナビリティ運営委員会議長・陳龍が、炭素排出削減戦略について説明しています。ぜひご覧ください。

関連トピックス