SHEとアリババのDingTalkがコラボイベントを開催、「アフターコロナ時代を見据えフルリモートで働く方法」を紐解く

アリババグループが運営するDingTalk(所在地:中国・杭州市、CEO:陳航)は、SHE株式会社(所在地:東京都港区、Co-founder/CEO:福田恵里、以下SHE)と共同で、2020年6月4日(木)に、世界で3億人が使用するモバイルオフィスサービス「DingTalk」を用いたオンラインイベントを開催しました。「DingTalk」を用いた女性コミュニティイベントの開催は、今回が日本で初めてとなります。

開催背景

「DingTalk」は、アリババのAll in one モバイル・オフィス・ソリューションとして、これまで3億人のオンライン学習や、フルのリモートワークを支援してきたサービスです。

今年春、新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として、日本の中小中堅企業が速やかにリモートワークに移行できるよう、日本語版DingTalk Liteの無料提供を開始しました。今後、企業のみならず、フリーランスや個人事業主の方々が、自分らしい働き方を実現し、自らのポテンシャルを発揮できるよう、コミュニケーション基盤として支援していきたいという想いで、ミレニアル女性向けにキャリアスクール「SHElikes」を軸に事業を展開しているSHEとコラボレーションすることになりました。

今回の有事で、キャリアについて前向きに見直しをする女性が増えていることを受け、より多くの働き方の選択肢を示したいという想いのもと、志を同じくするSHEとDingTalkが共同で、オンラインコミュニケーションツールの「DingTalk Lite」を利用した女性コミュニティイベントを開催しました。

 

イベント開催概要
・イベントタイトル:アフターコロナ時代を見据えフルリモートで働く方法
・開催日時:6/2(火)19:00-22:00

本イベントには「コロナで休職となり今後が不安になった」「何かあった時のために自宅でできる副業をはじめたい」といった約200名の女性が参加。

フルリモートで活躍されている3名の女性を講師としてお招きし、フルリモートな働き方の確立法や、アフターコロナ時代の働き方のヒントについてお伺いしました。

参加者からは、「アフターコロナ時代に向けて働き方の選択肢を増やす後押しとなった」「フルリモートにおけるセルフコントロールの重要性に気づくことができた」などの感想が挙がり、変化を受け入れ、自身の歩みたい方向性を明確化するきっかけとしてイベントを活用いただきました。

 

SHE株式会社 PRブランディングマネージャー 小池彩加様のコメント


SHEでは2017年の創業以来、個々の人生に伴走するキャリアスクール&コミュニティ「SHElikes(シーライクス)」事業を展開しています。累計で2万人の女性に受講いただき、SHEでの学びや出会いを通して新しい変化の1歩目を踏み出していただいています。

日々女性のキャリアと向き合うサービスを提供する中で、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大によって、「企業に依存せず、前向きに自らの意志で生き方をデザインしたい」と願う傾向の高まりを感じていました。

そんな女性達の背中を押す学びの機会提供として、志を同じくするアリババグループのDingTalk様にお声がけいただき、共同でのオンラインコミュニティイベント開催に至りました。

キャリアや人生に模範解答はありません。ただ、社会が大きなうねりの中にある今だからこそ、会社の方針や価値観に合わせた働き方ではなく、自分の理想に合う心地よい働き方や環境を自らデザインしていく人が、これからより増えてくるのではないでしょうか。SHEでは引き続き、スキルを装着するコンテンツの提供と密接なサポートを通してそのような女性達のキャリアを応援していきます。

 

本イベントの講師について

臨床心理士 みたらし加奈

臨床心理士。SNSを通して、 メンタルヘルスについての認知を広める活動を行なっている。 大学院卒業後は、精神科にて勤務。現在は、 フリーランスの活動をメインに行っている。 女性のパートナーと共に「わがしChannel」 というYoutubeチャンネルを運営。 6月には初のエッセイを出版予定。

 

 

sugichan/バリ島ヨガ講師

バリ島在住のヨガインストラクター。
旅行で訪れる日本人へのプライベートヨガクラスや、ホテルの屋上での朝ヨガなどを行っている。ヨガ施設の日本人向けマーケティングや、バリ島でのヨガリトリート開催サポートや撮影なども対応。富士通で事務職としての勤務後、ファッション雑貨の営業•デザイナーへ転職。その後、バリ島へ移住。

 

泰道 ゆりか / フリーランスWebデザイナー

1989年生まれ、千葉県出身。立教大学卒業後、銀行に就職。入社3年目で体調を崩してしまい退職したことをきっかけに、「会社や環境に縛られない、ライフスタイルを大切にできる働き方を実現したい」と考えるようになり、働き方を模索する。そこでWEBデザインと出会い、社会人Webスクールで半年間勉強し、28歳で未経験からフリーランスWEBデザイナーとして独立。「女性が、環境に縛られず、ライフステージの変化に対応できる幸せな働き方を実現するサポートがしたい」という想いから、現在は、女性起業家に向けたホームページ制作と講師業の2軸で活動。講座受講者数は累計600名以上。女性が仕事を通じて、自分らしく輝き、理想のライフスタイルや生き方を叶えるためのサポートを精力的に行っている。

 

SHE株式会社について

SHE株式会社は、 ミレニアルズの私らしい生き方を叶えるプラットフォーム事業を展開しています。「ひとりひとりが自分にしかない価値を発揮し、 熱狂して生きる世の中を作る」をビジョンに据え、 2017年にサービスを開始いたしました。 主要事業である『SHElikes(シーライクス)』では、 21世紀を生きる女性たちが自分らしい働き方を叶えられるよう、 クリエイティブスキルレッスンやメンタリングプログラム、仕事機会を提供し、これまでに20,000名以上の受講生を輩出しています。 ポーラ・オルビスホールディングス社を主要株主とし、 ビジョンに共感する様々な立場の投資家の方に応援いただいております。 (参照リンク: https://she-inc.jp/ )

 

DingTalk(ディントーク)について

DingTalk(ディントーク、中国語:「釘釘」)は、アリババグループが中小企業を支援するために自社開発した一体型コミュニケーションおよびモバイルオフィスサービスです。クラウドテクノロジーをベースとしたDingTalkは、2015年よりサービスを開始し、業務効率化に役立つツールとして1,000万を超える企業、3億人以上のユーザーに信頼される企業プラットフォームに成長しました。DingTalkは、インスタントメッセージ、音声通話、ビデオ会議、ワークフロー管理など、さまざまな機能を提供し、安全・安心なコミュニケーションおよび効率的な働き方の実現を目指しています。

 

関連トピックス