アリババクラウド、クラウド・コンピューティング・サービスに最適化されたサーバー用の新プロセッサー「Yitian 710」を発表

RISC-VコミュニティのためにIPコアシリーズをオープンソース化し、世界中の開発者に貢献

写真は新プロセッサー「Yitian 710」


アリババグループのデータインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドは、10月19日より開催されるアリババクラウドの年次イベント「Apsara Conference 2021」において、同社のデータセンターで活用される自社設計の新プロセッサー「Yitian(イーテン)710」を発表しました。本プロセッサーは、アリババグループのチップ開発事業であるT-Headがサーバーでの使用にカスタマ構成されています。さらに、アリババクラウドは、「Yitian 710」を搭載した独自のサーバー「Panjiu(パンジュー)」について発表しました。この新たなプロセッサーとサーバーの組み合わせにより、同社のコンピューティングの処理能力とエネルギー効率が最適化され、主要なクラウドサービスの強化が実現します。

5nmプロセスで製造される「Yitian 710」は、最大クロック3.2GHzで動作する128個のArmコアの演算ユニットを搭載し、優れたパフォーマンスとエネルギー効率を実現しています。また、組み込まれているトランジスター数は約600億個です。「Yitian 710」は、マイクロプロセッサーの最新アーキテクチャ「Armv9」に対応した初のサーバープロセッサーで、8つのDDR5チャネルと96レーンのPCIe 5.0を搭載し、高いメモリおよびI/O帯域幅を実現します。

「Yitian 710」は、CPUの整数演算性能を測定する標準的なベンチマークツール「SPECint2017」において440のスコアを達成し、昨今の最先端のArmサーバープロセッサーを性能面で20%、エネルギー効率面で50%上回る結果となりました。

「Panjiu」は、次世代のクラウドネイティブなインフラ向けに開発されたサーバーで、コンピューティングとストレージを分離することで、汎用的および特殊なAIコンピューティングと高性能なストレージの両方に最適化されています。また、大規模なデータセンターへの導入を想定したモジュール型の設計手法を採用しており、コンテナ化されたアプリケーションや演算処理に最適化されたワークロードなど、さまざまなクラウドネイティブなワークロードに対して優れた経済性を実現することに寄与します。

オープンソースへの取り組みの強化

また、Apsara Conference 2021の基調講演でアリババクラウドは、今後発売されるコアの中でも、「XuanTie(スアン・ティエ)」 IPコアシリーズのソースコードを公開することを発表しました。「XuanTie」シリーズは、RISC-V命令セットアーキテクチャ(Instruction Set Architecture: ISA)をベースにアリババクラウドがカスタム構成したプロセッサーです。開発者は、GitHubやOpen Chip Communityの開発者向けプラットフォームで「XuanTie」シリーズのIPコアソースコードを確認することができ、それを利用することで、ネットワーク、ゲートウェイ、エッジサーバーなどのIoTアプリケーション向けにカスタマイズされたプロトタイプチップを構築できるようになります。また、Linux、Android、RTOS、アリババ独自のAliOSなど、複数のOSをサポートする「XuanTie」関連のソフトウェアスタックも公開します。アリババクラウドは今後、開発ツールやSDK、カスタマイズコアなどのサービスやサポートを充実させていきます。

アリババクラウドインテリジェンスのプレジデント兼アリババDAMOアカデミーの責任者であるジェフ・チャン(Jeff Zhang)は、次のように述べています。

「アリババクラウドが独自のサーバーチップをカスタマイズすることは、パフォーマンスの向上とエネルギー効率の改善によるコンピューティング能力の向上を目指すという当社の継続的な取り組みと一致しています。当社は、アリババグループのエコシステムにおける現在および将来のビジネスを支援するために、このチップを導入する予定です。また、近い将来、新たなチップを搭載したサーバーによる次世代コンピューティングサービスをお客様に提供する予定です。さらに、インテル、NVIDIA、AMD、Armなどのグローバルパートナー様とともに、当社はコンピュートインフラを革新し、世界中のお客様に多様なコンピューティングサービスを提供してまいります。オープンソースの取り組みでは、自社製IoTプロセッサーのIPコア、関連するソフトウェアスタックや開発ツールを公開することで、世界中の開発者がよりコスト効率の高い方法で独自のRISC-Vベースのチップを構築できるように支援することを目指しています。そして、その結果、人々がデジタル時代において『つながった世界』の恩恵を享受できるようにサポートしてまいりたいと思います。」

RISC-V InternationalのCEOであるカリスタ・レドモンド(Calista Redmond)氏は、次のように述べています。

「アリババは、継続的な貢献、技術的なリーダーシップ、RISC-V関係者との深い協力を通じて、RISC-Vコミュニティをサポートしています。アリババは模範的存在として、世界のRISC-Vコミュニティにインスピレーションをもたらし、RISC-Vのエコシステム全体に利益をもたらすチップ開発のイノベーションを促進しています。」

アリババは、2019年に最初のAI推論チップ「Hanguang 800」をリリースしました。このAIチップは、アリババクラウドのデータセンターに配備され、検索、レコメンデーション、ライブストリーミングなどの分野のビジネスを強力にサポートしています。

関連トピックス