クラウドコンピューティングとは何か?アリババクラウド、データベースチームのリーダーが解説

一見、関係ない水道システムとクラウドコンピューティングは、社会を支えるインフラサービスという意味で、共通していると、アリババクラウド・データベースチームのリー・フェイフェイが解説しています。

100年、 150年前に人々が家の庭に井戸を掘って、生活に必要な水を井戸水で賄っていました。今では、私たちのほとんどは都市の水道システムのおかげで 水道管から供給される水を必要なだけ得ることができます。従来のコンピューティングリソースの使い方と比較すると、クラウドコンピューティングも同じように、まさに世帯ごとの井戸から水源が連結されたプールへと進化したと言えます。

クラウドコンピューティングは、如何に社会を支えるインフラとなっており、一社一社の企業の運営をどのようにサポートしているか、わかりやすく説明していますので、ぜひ動画をご覧ください。

 

関連記事

アリババクラウド、日本市場での事業展開と今後の戦略、AIとIoTソリューションも

【2021 APSARA大会】アリババ先端テクノロジーの祭典

 

 

関連トピックス