【特集】2020天猫ダブルイレブン、世界最大のオンライン・ショッピング・イベントの実況レポート

アリババグループが毎年11月11日(俗称:独身の日、シングルズ・デー)に開催する「天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバル(英語名:11.11 Global Shopping Festival、中国語名:天猫双11全球狂歓季、以下、天猫ダブルイレブン)」は、期間中の流通総額(GMV)および消費者動員数と参加マーチャント数において、世界最大のオンラインショッピングイベントです。

今年、世界中がかつてない苦境に直面する中、中国はいち早く回復に向かっている市場の1つであり、多数のグローバル企業やブランドが、アリババのデジタルツールとマーケティングチャネルを利用し、アリババのエコシステムを通して、中国市場での売上拡大を図ろうとしています。数百万のマーチャントにとって、今年の「天猫ダブルイレブン」はブランディングと成長のチャンスとして例年以上に重要な意味を持っています。

第12回目の天猫ダブルイレブンに向けて、アリババの全事業部門が総力戦で取り組んでいます。こちらの特集ページを通じて、我々のEコマース、物流、テクノロジー、成功事例など、様々な角度から天猫ダブルイレブンの実況と実績をリアルタイムでお伝えしていきます。

 イベント期間延長により、より多くの新規ブランドや中小企業(SME)の参加を支援

今年の「天猫ダブルイレブン」は11月1~3日および例年通りの11月11日の24時間の2回に拡大し開催されます。また、10月21日~31日と11月4~10日の2度にわたって予約販売期間も設けられます。「天猫ダブルイレブン」は従来、天猫(Tモール)で旗艦店を出店している知名度のある大手ブランドを中心に展開されてきましたが、今年は2度のセールス期間を設けたことで、新規出店ブランドや中小企業を含め、より多くのマーチャントがフェスティバルに参加する機会を得られます。

過去最大の消費者とマーチャントを動員

今年の「天猫ダブルイレブン」には約8億人の消費者の参加が見込まれ、天猫(Tモール)には200万点以上の新商品が提供されます。

25万以上のブランドが参加します。

今年の「天猫ダブルイレブン」にはChanel、Dior 、Net-A-Porterを始め200近いラグジュアリー・ブランドが参加します。Prada、Cartier、Montblanc、Piaget、Balenciaga、Vacheron Constantin、Chloéなど、多数トップクラスのブランドも初登場します。

アリババ・デジタルエコノミー全事業による総力戦

アリババ・デジタルエコノミーは、オンラインとオフラインの両方から史上最大の品揃えで商品とサービスを提供します。

  • Eコマース:

    今年の「天猫ダブルイレブン」の目玉として、マンションや自動車、インテリアデザインサービスなど、これまでeコマースでは扱われてこなかったジャンルの商品がお買い得価格で提供されます。

  • ライフスタイルサービス:

    今年の「天猫ダブルイレブン」には、デジタルライフスタイルプラットフォームのアリペイ(Alipay)、ローカルサービスのウーラマ(Ele.me)、旅行プラットフォームのフリギー(Fliggy)、チケットプラットフォームの淘票票(タオピャオピャオ)や大麦(ダーマイ)など、アリババ・デジタルエコノミーの多数の事業会社が勢ぞろいします。「天猫ダブルイレブン」では商品の販売だけでなく、外食、エステ・スパ、旅行、エンターテインメント、家事代行サービスなど、さまざまな体験も提供します。

  • ライブコマース:

    ライブコマースはマーチャントと消費者を繋ぐ双方向のマーケティングツールです。消費者に効果的に商品の魅力を伝え、売上を拡大することができます。今年の「天猫ダブルイレブン」では、400名以上の企業経営層の方と300名以上の著名人がライブ配信に出演します。

グローバル展開

世界中で旅行規制が続いている現在、海外旅行は依然として制限されています。海外商品に対する中国消費者の需要の高まりに応えるため、アリババの越境ECプラットフォームのTモールグローバル(天猫国際)やコアラ(考拉海購)を通じて3万1,000の海外ブランドが「天猫ダブルイレブン」に参加し、中国の消費者に商品を提供します。

越境ECプラットフォームのコアラ(考拉海購)は今年初めて「天猫ダブルイレブン」に参加し、世界89カ国と地域の商品を中国消費者に提供します。

アリババグループの物流関連会社である菜鳥(ツァイニャオ)は、ダブルイレブン期間中、約700便のフライトをチャーターします。そのうち越境ECの荷物の50%以上が、例年の2倍のスピードで消費者に配達される見通しです。

世界中の消費者向けの小売プラットフォームのアリエクスプレス(AliExpress)は、今年創設10周年を迎え、200を超す国と地域の消費者にサービスを提供しています。

関連記事:

資料ダウンロード

中国市場に向けて挑戦を続けている日本企業のストーリー

アリババ スマート物流 中国市場 天猫ダブルイレブン 独身の日 越境EC